work

声は心の鏡

【声のもつ情報量の多さ】

こんにちは!

第一声であなたの魅力と価値が伝わる

ブランディングボイス パーソナルトレーナー

髙橋沙希子です。

先週のこと。
ラジオ生放送後にリスナーさんからメッセージ。
「声のトーンいつもより低かった??」

わかっちゃったかーー。。

実際先週はどんより曇り空で
気圧のせいにはできないけれど、
自覚するくらい声がどんどん低くなっていって、
なんか、元気にするより、どんどん落ち着いたトーンにしかならず。

自分でも分かったから、
今日、オープニングで先週のトーンの話をしたら別のリスナーさんから
「元気がない感じがしたから心配でした!
何もなくてよかった」と労いのメッセージが。

申し訳ない気持ちでいっぱい💦

本当に微々たるちょっとした違いなんだけど、
ラジオは音声だけだからとっても敏感伝わるのです。

今日は逆に、
ゲストとの軽快なトークと
1人喋りの時と、それぞれで楽しくお聞きいただいたメッセージをいただきました。

ちゃんと先週の反省を活かして
大切なことに立ち帰れた。

つまりはね。

声は「心の鏡」ですよ。

リアルな顔が見えてるシチュエーションでも、
同じこと話してても、声の高低、トーン、
抑揚、いろんな要素で心は伝わります。

逆に、ちゃんと伝えようとしなければ伝わりません。

意識してコントロールしよう。
素直な心が伝わる様に。

私自身が反省した出来事でした。

  • この記事を書いた人

髙橋 沙希子

●birth:2.24 ●from:神奈川県横浜市   第一声で聞く耳を開く声を手に入れる。 その本質は「場作り」にあり。  ナレーター、MC経験の中で培った「場作り」のチカラ。  それを伝えていく志命があります。 ●speciality:ドラム、JSA認定ソムリエ、 ケーキ作り フランス語

-work

© 2021 Powered by AFFINGER5