伝わる声 ブランディングボイス

小さくても通る声の秘密

こんにちは!

第一声であなたの魅力と価値が伝わる

ブランディングボイス パーソナルトレーナー

髙橋沙希子です。

大声張り上げてるのに
聞き取りづらい声と、

それほど声量なくても
通る声。

何が違うのでしょうか?

答えは色々ありますが、
大きく3つあると考えます。

・息(呼気)の使い方
・声のベクトル
・声質

呼気の使い方は風船エクササイズ
で感覚を掴んでください。

声質はある程度トレーニングが必要ですが、
声のベクトルは意識すると
改善できます。

ポイントは
どんな場所で誰に届ける声なのか。

大勢に聞かせる声は
拡散させる、
1人に届ける場合は、
まっすぐストレートな声を出す
イメージをします。

ガヤガヤしている場所では
高い音ではなすように、
頭の上から声を出すイメージ。

静かな場所で、響かせる場合は
お腹を響かせる様にすると、
落ち着いた心地よいイメージになります。

シーンに合わせて
声を使い分けると、
伝わり方も違います。

試してやってみてね。

  • この記事を書いた人

髙橋 沙希子

●birth:2.24 ●from:神奈川県横浜市   第一声で聞く耳を開く声を手に入れる。 その本質は「場作り」にあり。  ナレーター、MC経験の中で培った「場作り」のチカラ。  それを伝えていく志命があります。 ●speciality:ドラム、JSA認定ソムリエ、 ケーキ作り フランス語

-伝わる声, ブランディングボイス

© 2021 Powered by AFFINGER5