伝わる声

話し手のプロでも陥りやすい落とし穴

こんにちは!

第一声であなたの魅力と価値が伝わる

ブランディングボイス パーソナルトレーナー

髙橋沙希子です。

【「綺麗に話す」と「魅力が伝わる」は別物です】

プロの話し手でも陥りやすい穴があります。

それは

「綺麗に話すことに集中し過ぎること」

「話し方が気になって内容が入ってこない」
とならないためには正しい発音することは大事なこと。

でも!!!

そこに注力しすぎてしまって、
肝心な「何を相手の心に届けるか」
疎かになってしまうことは、とても危険です!!

TVでも芸人さんたち、ラフな喋りでも
引き込まれることありますよね?

あれは伝わる「場」を作った上で話しているから。

場を作ってから本題にはいると、相手も心を開いて受け入れやすい状態になるし、自分も話しやすくなるし、一石二鳥。

そんなの難しそうですか??

いえいえ、

/
実はコツを掴めば明日からでも使えます。
\

場を作る最初の一歩は
「自分の心を開くこと」。

特に人前で話す時、
ただでさえ参加者たちと向かい合う形で
前に立つことが多いです。
沢山の目も話し手である貴方に集中。

このプレッシャーに一瞬、
全身甲冑で防御態勢に入りそうになりますが、
相手は敵ではありません。
自分を守りたい気持ち、
グッとこらえて。

「私、敵じゃありませんよ〜、あなたの味方ですよ〜」
と言わんばかりのオープンハート💓

自分の心を込めて守らずに
「もう好きにしてー!」っていう笑顔で
相手を受け止める。

フリだけでもいいんです。

でもこれだけで、
その場が少し緩んで敵だった様に見えていた参加者が、敵ではない事に貴方自身も気付き、
本題に入りやすくなります。

気のおけない友人と話す時、
全力で防御態勢になりますか?
なりませんよね。

その時の状態を対大人数でも作ればいいだけなんです。

難しいテクニック入りません。

まずは貴方の心を開放してみてください。

具体的に貴方だけの場作りの方法を知りたい方はダイレクトメッセージで相談受付ています。

お気軽にどうぞ✨

  • この記事を書いた人

髙橋 沙希子

●birth:2.24 ●from:神奈川県横浜市   第一声で聞く耳を開く声を手に入れる。 その本質は「場作り」にあり。  ナレーター、MC経験の中で培った「場作り」のチカラ。  それを伝えていく志命があります。 ●speciality:ドラム、JSA認定ソムリエ、 ケーキ作り フランス語

-伝わる声

© 2021 Powered by AFFINGER5