伝わる声

噛むのが怖くて人前で緊張する人は。

【うまく話そうとしなくていいんです。】
こんにちは。

第一声であなたの魅力と価値が伝わる
ブランディングボイス パーソナルトレーナー
髙橋沙希子です。

「噛まないでうまく話さなきゃ」

人前で話すとき、
そう思ってませんか?

噛まないでうまく話さなきゃ、
と思うと、余計緊張して、
途端に噛んでしまったり、汗が出てくる。

一度つまずいたら、また何度も噛んで
テンパってしまって、悪循環。

だから人前で話すの「苦手なんだよね」
となってしまったら…

あらららら。
せっかくの気持ち、伝えるチャンスなのにもったいない。。

落ち着いてちゃんと相手に届けられたら
いいですよね。

苦手意識が生まれていたら、
ちょっと試してみてください。

↓↓↓↓
まずはリハーサルしましょう。
本番前の練習です。

どんなに本番に強い方でも、より伝えられる様になる為にはぶっつけ本番はやめましょうね。

練習は裏切りません😉

では、どうやって練習するか。

台本や話すことを、声に出す前に。

まずは
最終的に何が伝わっていたらいいのか、
伝えたいのかを頭の中でまとめてください。

一文一文で何を伝えるのかをイメージする。
ここで注意なのは、「一語、一語」ではありません。

つまり、文を「うまく読もう」とするから
噛むのです。
頭の中で字面を追っているから。

「噛まない様に」
「上手に」

と思っているその気持ちは、
口から発する言葉にしっかり現れて
伝わってしまってます。

それよりも、

今、
この場所で、
一体何を伝えたいのか。

落ち着いて、心の中に落とし込んでいく。

そうすると、話す内容もスッキリとまとまります。

納得するまで何度か反復練習して
いざ本番。

人前だとやっぱり緊張しますか??

それなら、人前で話す前に3回深呼吸。
鼻から吸って〜、口から長〜く吐いて〜。

そして、これまで練習したことを思いだして。

伝えたい気持ちを言葉にのせましょう。

たとえ噛んだとしても、
気にしない。
それが「今の」ありのままのあなたのコトバ。

心が込められたコトバがあれば、
多少噛んでもそんなに気になりません。

よく、「噛まない様にするにはどうしたらいい?」という相談を受けますが、
噛むことを怖がっているから噛むというのも実は少なからずあるんです。

貴方のコトバに自信を持って😉

うまく喋ろうとせず、
等身大のコトバを発してみることに意識してみましょう。

一生懸命伝えたあなたのコトバは
きっと相手に伝わるはずです。

  • この記事を書いた人

髙橋 沙希子

●birth:2.24 ●from:神奈川県横浜市   第一声で聞く耳を開く声を手に入れる。 その本質は「場作り」にあり。  ナレーター、MC経験の中で培った「場作り」のチカラ。  それを伝えていく志命があります。 ●speciality:ドラム、JSA認定ソムリエ、 ケーキ作り フランス語

-伝わる声

© 2021 Powered by AFFINGER5